hyosatsu

どのように表札が使われるようになったのか

表札とは、その家に住んでいる人の名前を記して、門や玄関などにかかげて示す札のことです。
一戸建て、集合住宅を問わず、現代社会では各家庭で当然のことのように玄関先につけられている表札ですが、玄関に表札をつける習慣というのは、いつの時代から始まったのでしょうか…。

そもそも、実際に日本では一般庶民誰もが苗字というものを名乗ることができるようになったのは、明治時代以降のことなのです。
時代はさらにさかのぼり、江戸時代以前には、町屋が屋号、商号などを示す看板としてかける習慣が、表札の始まりだといわれています。
では、その習慣は江戸時代以降には表札としての歴史をどのようにたどってきたのでしょうか…。

安土桃山時代、天下統一した豊臣秀吉(とよとみひでよし)がだした”刀狩令”により始まった、”刀狩り”という政策で身分制度が確立され、江戸時代には苗字帯刀は武士の特権であり、武士と特別に認められた者以外は、基本的に苗字を名のり、太刀を帯びることは禁じられました。例えば、日本地図を完成させた測量家の伊能忠敬(いのうただたか)は商人の家に生まれましたが、幕府から苗字を名のることを認められました。
しかし、一般的に平民は苗字を持つことが許されていませんでしたので、おおやけに公称することはできなくなりましたが、私称として苗字を名のっていた平民は存在していたようです。
そういったこともあり、絶対に苗字を名のれないということではありませんでしたが、平民の多くにとって苗字は名のることはなかったため、表札に関しての文化が浸透することもありませんでした。
一般的に都市で暮らす人たちの住まいは、長屋がほとんどでした。長屋では住人の名前等は大家により把握されていましたし、住み込みで生活している人もたくさんいたようです。

また、農村で暮らす人たちは現代社会にも共通することですが、誰がどの家に住んでいるのかを村民みんながわかっていたため、とくに表札を家につけて名前をしらせる必要がなかったのだと思われます。
そして、その時代はまだまだ乗り物などの発達がしておらず、交通手段がほとんど徒歩であったため、人々が住まいの移動を大規模でしなかったことも、表札が必要とされなかった原因のひとつでしょう。
めまぐるしい発展をした現在では人口の移動も多く、特に都市部ではなかなかまわりの人たちを把握することができないという傾向にあります。
表札とは、現代社会になくてはならない名前を示すものだといえるでしょう。