hawaiian

ハワイアンのデザインには古くからの意味が込められている

日本から人気の海外旅行先と言えばハワイですよね。
国内にもハワイアンテイストのレストランやカフェ、雑貨屋さんなど多くあったりもしますね。
それほどあの南国の雰囲気などは日本人の心を揺さぶるものがあるのでしょうか。
ハワイのデザインが人気だと言うことで、表札もハワイアンなものにしてはいかがでしょうか。

ハワイと言えば思い浮かぶのはビーチですよね。
なのでデザインも海にまつわるものが多くなります。
よく見かけるものだったら、ヤシの木、サーフボード、ハイビスカス、プルメリア、モンステラ、サーフボード、ホヌ(アオウミガメ)などでしょうか。
あとはティキも多いですね。ティキは古くから伝わるハワイの伝統的な像で神様を現しているそうです。
それがモチーフになって今ではハワイアンのデザインのいたるところで見ますよね。

ハワイアンテイストの表札となると、その海系のデザインとかティキ系のデザインとかが多くなりますね。
その色々あるデザインですが、ハワイのデザインには意味が深いもの多くあります。
例えばホヌ(アオウミガメ)なんかは、ハワイの人々の間では神聖な生き物で、神話にも出てきたり、古代の絵文字にも出てきたりし、幸福や繁栄の象徴としてあがめられている縁起物です。
ハイビスカスは、神に捧げる花と意味です。しかし捧げると言っても、神聖な感じではなく陽気なハワイの人たちの捧げるはもっとカジュアルな感じで渡しているイメージです。
プルメリアは、ハワイではとても身近な花で、たくさん咲き誇っています。
神様が宿る神聖な花とも言われており、花言葉は「気品」、「親愛」、「魅力」です。
モンステラは、ハワイでは水が湧き出ると言う意味で、水が湧き出るように幸運が訪れると言う意味合いも持っています。

ハワイのデザインにはハワイで昔から受け継がれている深い意味合いが込められていますね。
そう言うところもハワイに人々が引きつけられる魅力なのかも知れませんね。
そんな深い意味合いが込められたハワイアンな表札だからこそ家に掲げたいと思いますね。
ハワイ好き以外の方にも通じるところはあるのではないでしょうか。
お気に入りのハワイのデザインを見付け、意味合いを知って表札を購入してみるのもいいですね。