dorobou

4つ集めると試験に合格する!?

表札にはこんな都市伝説があります。
それは表札が盗まれると言う変わったものです。
表札を何度新しいものを購入しても盗まれるそうです。
よく聞く都市伝説なので知っておられる方も多いとは思いますが、
その理由には受験生の間で表札を集めると試験に合格すると言う噂が広まって表札を盗むと言うものだそうです。
ゲン担ぎなのかわかりませんが、表札を盗む時間があれば勉強の時間にあてたらいいと少し思ってしまいますね。表札は結構固定されていると思うので盗むのも楽ではないような気もします。
それほど試験に必死になって頑張っているのですね。
ちゃんとその表札は後で返すとのことなので一件落着な感じはありますが、表札を盗んだことで、学校ではなく警察に行くことになりかねませんよね。
新しく表札を購入した後だと返されてもあまり嬉しくないような気もしますしね。

そこで、そんな悩みを抱え表札泥棒をする受験生の心境について書いてみようと思います。

大学受験を控える高校生3年生の三田くんは受験勉強に悩んでいます。
毎日勉強をしていますが、志望の大学に受かるか心配です。
ある日高校に行き勉強している時です。
隣の席の広野くんに表札を4つ集めると大学に受かると言うのです。
三田くんはそんなドラゴンボールみたいな話は最初信じられませんでした。
しかし、試験に不安を抱える三田くんはどうしてもその話が忘れられません。
その夜、家に帰り勉強をしていても、その話ばかりが頭をよぎります。
そして、このままじゃ受験勉強に集中できない。表札を集めに行こうと立ち上がります。
表札と言っても壁に張り付いているのでマイナスドライバーと金槌を持って家の外に出ました。
あまりにも近所だと顔がばれたらヤバイと言う事で、隣町まで自転車をこいで出かけました。

そして4つの表札を集め家に帰りました。
気分が晴れた三田くんは試験にも合格し、無事表札も持ち主の所に返しましたとさ。

こんな感じでしょうか。
でもやっぱり人の物を盗むのは良くありませんね。みなさんはそんな受験生を見たら注意しましょうね。