oshare

防犯性とデザイン面

最近では高い防犯意識により、表札を設置しないという人は少なくありません。
そもそも、表札の目的というのは、住人が誰であるかを示すためのもの…家に表札が掲げてあったら、そこに誰が住んでいるのかがわかるので、宅急便や郵便物などを正確に届けることができます。それに、近隣の方にも名前を知らせることにより、近所付き合いもより良くなるでしょう。

ご近所とのコミュニケーションが大切な一戸建てにつきましては、その家のシンボルとして表札つける人が比較的多いです。
しかし、表札にのせる表記につきましては、昔のことを考えると少し変化がみられます。それは、昔ながらの表札のイメージは、その家の主の名前がフルネームがどっしりと載っているものであったり、家族全員の名前を載せているものが多かったのですが、最近のものは苗字のみ載せている表札の方が主流のような気がします。それは、フルネームや家族の氏名などを通りゆく人にまで知られてしまうことに対して抵抗感があり、防犯面を考えると不安だ…という防犯に対する意識の高さからそういう傾向に変わってきたのでしょう。

では、表札をつけないという人は、なぜつけないのでしょうか?
その理由として多い意見というのは、今まで述べてきたように防犯対策としてなのです。
マンションを住まいとすることが多い女性のひとり暮らしの場合は、特にそのことを周りに知られたくないと感じるのではないでしょうか。また、女性のひとり暮らしに限らず、名前を知られることで、宅配業者を装った押し入り強盗などの犯罪や、子どもがいる家庭では誘拐などの犯罪に巻き込まれることをあらかじめ防ぐ対策として、表札をつけないという方も多いです。
また、ひとつ覚えておいていただきたいことが、実は、表札を見てまわって名前を集めて住所録を作成したとしても、表札は自分自身で公表している情報であるため、個人情報保護に対して違法にはならないのだそうです。

比較的、戸建てよりもマンションに住んでいる人の方が、表札をつけていないことが多いです。そのわけとは、マンションの表札は戸建てと比べて、デザイン面も豊富とは言えず、オリジナリティーも低いという印象です。
その他の理由としては、訪問販売に来られると困る、近所付き合いが億劫、また、マンションの場合、エントランスに設置されている集合の郵便受けに部屋の番号をつけておくことで、郵便物は間違えることなく届けられるので、あえて表札は必要ないのでしょう。