nisetai

デザインも多い二世帯用の表札

最近二世帯住宅の建築を考えている人が増えて来ているようです。
今後の先行きの見えな経済による収入の不安や、親の将来の介護や共働きをしている夫婦なら負担の軽減になることもあり、前向きに検討している家庭も多いとのこと。
やはり二世帯、片方は家族と言えども別々の家庭ですので、決める時は慎重にした方がいいです。
せっかく負担を軽減できると思っても家庭が崩壊してしまえば全く意味がなくなってしまいます。

お互い納得のいく結論にいたり、家を建設することになると表札も用意しなければいけませんが、
二世帯住宅の表札ですがどのような表札が良いのでしょうか。
名字が2つとも違う場合は2つ表札を用意して別々に出すこともありますが、最近では表札を2つに分けなくても名字2つを表札に入れることもできます。
もしもインターホンが2つある場合はどちらの方を呼べるかわかりやすいように、表札をわけてインターホンのところに表札をつけた方がいいと思いますが、1つにした方が最近ではデザインもいい感じのものが多いのでいいでしょうね。

ですがデザインについてはここでも両家で話し合って決めるのがいいでしょうね。どちらかが勝手に決めるとなると後々に不満も出てくる可能性もあるので、サンプル写真などを見比べながらどの様なデザインがいいか話あって決めるといいでしょう。
デザインのパターンも様々でチョイスも多いです。お互い納得の行くよう話し合って決めたいですね。
ここで仲間割れでお互い別々の表札を購入。となるとこの先一緒に生活していくにあたり不安を残すことになるのでせっかく二世帯でしか掲げられない表札もあるので、和気あいあいと決めたいところですね。

二世帯住宅で上手く生活していくにはお互いに干渉しないことでしょうね。もちろん最初に決めごとを決めることも大切だと思います。
表札を決めるときもしっかりと話あって決めてポスト等も手紙を干渉されたくない方は分けることも出来るので、そのあたりも考慮してみてはいかがでしょうか。
素敵な二世帯用の表札を掲げて仲良く生活してくださいね。