ordermade

琉球ガラスを使った表札

表札というものは家の顔であり、玄関に掲げるシンボルだともといわれています。
念願のマイホームを手に入れることができた時には、世界にひとつだけの家のシンボルを玄関に掲げたいと、表札をオーダーメイドで作られる方は多いでしょう。
その材質として、沖縄の琉球ガラスを使ってみてはいかがでしょうか。

琉球ガラスの表札は、沖縄の工房にて手作業で作られますので、どれをとっても同じものはなく、ひとつひとつ異なります。
そして手作りによって作られているため、寸法がずれていたり、ゆがみがでたりしています。凸凹、キズ、色斑、気泡などもあるのですが、けっして失敗作ではなく、これこそ琉球ガラスの独特のあじわいなのです。
もともと、ガラスの気泡というのは敬遠されたものです。今でこそ、ガラスにできる気泡は一つの特徴としてみられている沖縄の琉球ガラスですが、その沖縄でも戦後間もない頃は、原料の品質が良くなかったために気泡が入ったりしていたようです。

しかし、その気泡が入ることで、ガラスにソフトな色味が出て、優しいあじわいのあるガラスに仕上がると考えられるようになっていきました。
凹凸やキズも気泡と同様に琉球ガラスの特徴の一つとしてみられています。
琉球ガラスが生産され始めた当初は、米軍から出される空き瓶などが主な原料だったため、さまざまな原料のガラスが混合されていました。

現在は、琉球ガラスの定番カラーである、赤、青、緑などカラフルな色の琉球ガラスがつくられています。
その中でも、琉球ガラスといえば赤色というイメージを持たれている方も多いと思いますが、赤は発色を出すのがとてもむずかしく、温度を誤ってしまうと黄色っぽくなってしまうようです。
琉球ガラスをつくる工房のガラス釜の温度は、なんと1300℃ほどになるようです。想像もつかないあつさですよね。そんなガラス釜が近くにある工房の室温も40℃と蒸し風呂状態なのです。見ているだけで熱風により汗が噴き出るくらいのあつさです。

琉球ガラスの特長というのは、手作業によって作られるからこそ生まれる造形美、そして、その時自然にできた気泡やカラーグラデーションが魅力だといえるでしょう。ひとつひとつが手作りであるため、全く同じ作品というのは存在せず、琉球ガラスからは作ってくれた職人さんの温もり伝わってくるようです。

沖縄のイメージを思わせる、カラーリングと手作りの優しいさを表現できる琉球ガラスで、世界にひとつだけの表札をオーダーメイドで作ってみましょう。