oshare

プレシャスウッドネームプレートで演出を

プレシャスウッドネームプレートは、特殊な加工が施こされた天然木の素材で作られたとてもおしゃれな表札です。
本来、天然木は直射日光による紫外線や雨などに弱くダメージを受けやすいものなのですが、特殊加工を施すことでそれらの影響による傷みを減らせますので、長期間家のシンボルとして掲げることができます。

大自然の偉大なパワーが溢れる中で、その命を育んできた世界的に有名な天然木に、ご自身の名前(ご家族の名前)が刻まれるなんて、家のシンボルとして最高ですよね。
もともとは、天然木で作られた表札の場合、直射日光があたらず、雨ざらしにならない軒下などに掲げるのが当たり前でしたが、プレシャスウッドの各シリーズは特殊加工が施されていることにより取り付ける場所を問わず、長い期間家の表札として使えるようになりました。

天然木というのは、感触がとても良く、温かく優しい風合いは他のどんな素材と比較しても天然木に勝るものはないでしょう。プレシャスウッドネームプレートは、さらに天然木がもつ素晴らしい木目と温かい風合いを磨き抜かれた商品です。

その美しさを引き出す決定的要素というのが、無垢の天然木に施された特殊技術なのです。
その特殊技術となるのが…

  • 乾燥技術
  • 表層WPC技術
  • トップコート塗装

ちなみに、WPC(Wood Plastic Combination)というのは、木材の組織にプラスチックを注入し、硬化させる加工のことです。そのWPC加工をすることにより、周囲からの影響に弱い天然木に耐久性が生まれ、傷や汚れなどを付きにくくします。安全面、健康面、そして衛生面においても配慮されています。
プレシャスウッドネームプレートに施されている表層WPC技術は、これまでのWPC加工とは異なり、木材全体に加工するのではなく、 木材の表層だけに樹脂を含浸(がんしん)させることで、天然木の上質な感じを損なうことなく加工できる、とてもクリエイティブな技術なのです。

さらには、下塗りと中塗りを丹精込めて丁寧に5層にわたり施したら、トップコートには超耐候性合成樹脂塗料を使用して作られていますので、長い期間に渡って目を見張る美しくしい光沢のまま保つことができます。
もちろん、天然木で作られているため、この先ずっとその姿を変えることがないということはありません。プレシャスウッドネームプレートは、家のシンボルとして、その家とともにゆっくり変化していくことでしょう。