shobun

困った人続出!古い表札の処分ってどうするの?

古くなった表札の処分方法が分からない、という声を聞きます。
中には本当に処分してしまっていいのか、実は捨てずにしまっておくものでは?と思われる方もいるようです。
大丈夫です、表札はちゃんとした処分の手順と方法があります。
今回は安心安全に古い表札を処分する方法をご紹介します。
マンション住まいの方も必見です!

マンションにお住まいの方も、エクステリアはまず、表札から

暮らしにこだわりをお持ちのみなさんは、マンションにお住まいの方でも、エクステリアにはこだわりたい!という方も多いのではないでしょうか?
門構えを良くしようと思ったらまずは表札から。自宅で印刷した紙を貼り付けただけじゃあ格好がつきません。
ネットで検索すると、色々おしゃれな表札が見つかります。

表札を処分するには?

しかし、表札を新調しようと思っても、古い表札に対してこんなことでお困りではありませんか?

  • ゴミ箱に捨ててもいいの?
  • 木の表札は燃えるゴミ?
  • 個人情報だから、処分するのは怖い。
  • 自分や家族の名前が書いてあるものを処分することに抵抗がある。

など。

古い表札は埋めてしまう!

なんと古くなった表札は、木製や石の表札であれば、土に埋めて処分してしまうのです!
元は自然のものなので、埋めてしまえば次第に土に帰ってしまいます。
埋めることができる敷地をお持ちの方なら問題ありませんが、マンションでお住まいの方にはなかなか難しいですね。

半紙に包んで燃えるゴミ、または燃えないゴミへ

マンション住まいで埋めることが難しい、または木や石以外でできた古い表札であれば、普通にゴミとして出してしまっても構いません。
ただし、ゴミ出しするにもコツがあります。

  • 古い表札をきれいに拭く。
  • 新しく買った半紙に包む
  • 感謝を込めてゴミに出す。
  • また、木製の古い表札であれば燃えるゴミ。

それ以外のもので出来た古い表札であれば、燃えないゴミに出して処分してしまいましょう。

古くなった表札に感謝を込めて

今まで、私たちの家の顔になってくれた表札、中には何十年もお世話になった方もいるはず。
新調する時も、古くなった表札に感謝の気持ちを込めてお別れをしましょう。